この記事をシェアする

事業経営が悪い場合をはじめ資金サポートを受けるのが難しい場合

なぜそのような状況になったのか確認が大事

中小企業の事業経営が苦しい時に、資金不足を理由にサポートを依頼しても概ね断られます。
先ずは冷静になって、経営状況の見直しを図るのが大事ではないでしょうか。

例えば、経営が苦しい時は無駄な経費もしくは生産性が低い仕事が発生しています。
コストカットできる所があれば、可能な範囲で早めに行いましょう。
場合によっては人件費カットも1つの仕事です。
余剰人員の発生や従業員のスキルを十分に生かしきれていない状況であれば、人員削減が1つの方法になります。
できるだけ円満にするように話し合いを設けたり、退職金の支払いをしたりしましょう。
上手にできれば、退職後も心強い味方の1人になってくれるかもしれません。

各種整理を行って事業経営が改善された時に、資金サポートの方法を選ぶと事業経営の成功できる可能性は高まるのではないでしょうか。

担当者への説得力を高めるために

金融機関や自治体などから資金サポートを受けるのに、担当者からの印象を良くするのは大事なことです。
たとえ事業経営が苦しい状況にあっても、計画書作成や方向性について好印象になると、資金サポートが受けられる可能性が出てきます。

収支計画書の作成は少なくても1年分、可能であれば数年分作るのがオススメです。
1年目はマイナスであっても、2年目からプラスになる可能性が見えると、担当者の心証が良くなるはずです。
ただし、これまでの実績を踏まえた成功例や事業計画を面談で伝えるのが必要になります。

また、最初はターゲットにする客層を絞るのは大事です。
幅広い客層にあった商品を販売しても、キャパを超えてしまえば却ってマイナスになりかねません。
ある程度の売り上げが出た段階で考えるようにしましょう。
他には、周辺の競合店の有無や人口といった地理の研究ができれば、大きな武器となるでしょう。