積極的に中小企業の事業経営の発展を目指す人向けの資金サポート

仕事をする際、会社勤め以外にベンチャーや中小企業の事業経営者として行う人がいます。
事業経営者向けに、金融機関や自治体などが経営サポートをする目的で資金サポートの商品や制度を提供しています。
特に近年では感染症の影響を受けてしまい、事業経営が苦しい事業者もいるようです。しかし、単に資金が必要という目的でサポートの依頼をしても、きっと上手くはいかないでしょう。

資金サポートを提供する立場としては、返済が見込めない所には基本貸しません。
たとえ運転資金確保や設備投資などの理由はあっても、滞りなく返済ができる以外に可能であれば収益アップを見込める事業経営者に融資をしたいのではないでしょうか。
最低限、最近の経営状況の確認や事業計画書の作成が求められます。
特に現在の資本の金額や総資本利益率、自己資本比率を把握するのは大事です。
事業規模に見合う経営をしていたり、経営状況が良好か否かが確認できたりすれば、資金サポートの面談だけでなく今後の事業経営をするうえでもプラスに作用することが期待できます。

担当者との面談を行う際、さまざまな質問や意見を言われるのが想定されますが、できるだけ明確に伝えることが大事です。
経営状況や財務状況以外に、資金サポートによって利益が出る見込みを伝えましょう。特に利益の出る見込みは、これまでの実績を基に伝えると説得力が増します。

一方、人によっては、自分だけで面談するのに不安を抱くかもしれません。
その際、信頼できるパートナーや士業者にサポートしてもらうのも1つの方法です。
ただし、彼らに頼り過ぎても、担当者に対して却って不信感を抱かせる原因となりかねません。