この記事をシェアする

事業経営が少し苦しくなった時に受けるオススメの資金サポート

当面の運転資金を確保する目的

事業経営を続けると、思うように売り上げが出ないケースが起こりかねません。
運転資金が不足する場合、資金サポートを利用するのも有りです。

小規模事業者持続化保証金であれば、地域の商工会議所からの支援を受けて経営計画の作成を行い、必要経費の一部負担を受ける方法があります。
審査があり概ね1年以内に売り上げに繋がらないと判断された場合、資金サポートをしてもらえません。

地域に根差した中小企業経営者をサポートする目的で、各県には信用金庫があります。
少し経営状況が悪化していても、相談に乗ってくれたり、融資ができたりする可能性があります。
しかし、最初から資金サポートを目的で相談するのは却って心証を悪くしかねません。個人的に信用金庫からの金融商品の購入や定期的に担当者と経営の相談をするなど、可能な範囲で良好な関係性を構築するのがオススメです。

返済がキャパを超えそうなものは選ばない

少し経営状況が悪化した場合、自治体からの資金サポートや金融機関の融資を利用するのは1つの方法です。
審査が立て込んでいたら日時を要するケースもあります。
できるだけ早く手元に資金が必要な時に、消費者金融やビジネスローンのような方法で融資を受けるのを考える人がいるかもしれません。

会社によっては金利が法定の上限を超えない範囲で商品を提供する場合もあります。
その分審査が甘く、即日融資ができる可能性があります。
一方、返済時の負担が大きく、下手をすれば自分の首を絞める結果になりかねません。融資を依頼する前にできるだけ冷静になり、事業計画を立てるようにしましょう。

ちなみに日頃から企業経営が悪くなった時に備えて、時間と資金にゆとりがある時に対策を立てておくのも、事業経営を長く続けるには大事な作業です。
上手くできれば、経営者としてのスキルアップにもなります。